ウイルス対策ソフトの必要性

まだインターネットが普及していなかった頃ウイルスは記録媒体に依存していました。
記録媒体から直接ハードディスクなどへ感染する方式だったため、感染する確率は非常に低いものでした。
またこの頃はデータ復旧サービス業者はありませんでした。
しかし、今はインターネットが普及し、ほとんど全てのパソコンがインターネットに接続されています。
インターネットに未接続のスタンドアローンで動いている作業専用のパソコンは少数です。
インターネットに接続しているパソコンは常にウイルスの感染する可能性があります。
インターネットに未接続のパソコンもデータのやり取りを行うUSBメモリやDVD-ROMなどの記録媒体を介して感染の危険があります。

スポンサードリンク

ウイルスの感染からパソコンを守るにはウイルス対策ソフトをインストールし、常に最新のバージョンと定義ファイルにする必要があります。
ただし、それでも低確率ですが新しく現れたウイルスに感染する可能性があります。

ウイルスには多くの種類があり、データを破壊するウイルスもあります。
この様なウイルスに感染するとデータ復旧サービスの業者に依頼しても大事なデータを復旧できないでしょう。

この様なリスクを回避するためにウイルス対策ソフトをインストールしなければなりません。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

感染経路
昔、まだインターネットが普及していなかった頃はフロッピーディスクやCD-ROMが......
活動目的
現在、非常に多くのウイルスが存在します。 これらのウイルスに感染すると以下の様な......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

データ復旧サービス:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://xn--vckiq5a3dwnc4076g6zl.biz/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。