現在のパソコンの普及率をご存知でしょうか。

スポンサードリンク

データ復旧

8割のパソコン普及率

現在2012年の日本のパソコン普及率はおよそ8割弱です。
2006年が最も高く8割を突破しましたが。
スマートフォンの普及と不景気が原因でパソコンの普及率が落ちたと考えられます。
iPhoneの登場後、気軽にインターネット接続できるスマートフォンが急速な勢いで普及しています。
確かにスマートフォンは便利ですが。
完全にパソコンの代替はできません。
また電話会社が提供するスマートフォンのデータ通信は帯域規制があるため、あまりにもデータ通信量が多くなると通信料を規制されます。
このため多くのユーザーが外でスマートフォンを使用し、自宅でパソコンを使用しています。
これは使い勝手だけの問題ではなく、通信量の問題でもあります。
自宅のプロバイダなら余程の事がない限り帯域制限をかけられることがありません。

この様な状況からスマートフォンとパソコンをそれぞれ1台ずつ持っている人が多いです。
現在のパソコンは非常に便利になり、家計簿などの計算だけでなく、写真や絵の保存や編集、テレビ番組の視聴と録画保存、ネットショッピングなど、なんでもできる万能の家具になってます。

もしも、この便利な万能な家具が壊れてしまったら?
旅行に行った時の大事な写真、まだ見ていない番組、確定申告に必要なデータなど、貴重なデータが消えてしまうかもしれません。
パソコンのデータはハードディスクと言う記録装置に保存されています。
バソコンは複雑な機械ですので動かなくなる原因は以下の様なケースが考えられます。
・OSが壊れたなどソフト的な問題で起動しない。
→この様な場合はOSを再インストールすれば動きます。データは消える事があります。

・電源、マザーボード、CPUなどの故障。
→故障部位の代替パーツと交換できれば、たぶん動きます。データは消えません。

・ハードディスクの故障
→ハードディスクを交換してOSをインストールすれば動くようになりますが。データは消えます。

パソコンを普通に使っていて壊れると言うのは老朽化が原因と考えられます。
パソコンは時代の流れが早く年々安く高性能化し数年経てば旧世代機扱いされてしまいます。
つまり古くなったパソコンに費用をかけて修理するよりも新しいパソコンを買った方がお得になります。
そこで古くて故障したパソコンの中に入っているデータをどうやって新しいパソコンへ移動するかが問題になります。
デスクトップパソコン同士ならハードディスクの取外しと接続は比較的簡単ですが。
ノートパソコンになると少々面倒になります。

そこで「データ復旧サービス」を営む専門業者の出番になるわけです。
特殊な作業を行う場合、費用がお高くなる場合があります。
このような専門業者のお世話にならないよう、定期的に外部記憶装置へ大事なデータをバックアップしましょう。
いくら専門業者でもハードディスクが完全に破損している場合はデータを復旧できません。
大事なデータが無くならないよう、こまめこまめのバックアップが何よりも大切です。

スポンサードリンク


▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

データ復旧サービス:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://xn--vckiq5a3dwnc4076g6zl.biz/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。